国産車、輸入車のSUVタイヤサイズ、スタッドレスタイヤ情報、メンテンスについてまとめています。

男の車はSUV

マツダ

マツダCX-7を高く売るおすすめの方法とは?下取りと比較する!

更新日:

マツダCX-7を高く売る

最近のマツダは、エクステリアデザインのレベルが格段に上がって多くのお客様に支持されています。
他のメーカーにはない、美しさを感じるデザインで内装もラグジュアリー感があります。
また、フロントグリルを統一させることでブランド力も上がりました。
赤いカラーに良く合ってかっこいいです。

そんなマツダCXシリーズには以前、CX-7というモデルがありました。

CX-5と比較して少し大きめのクロスオーバーSUVです。
「デザインのマツダ」に変貌する前の車種ですが現在も街で走っているのを見かけます。

【CX-7スペック】
全長:4,695mm
全幅:1,870mm
全高:1,645mm
ホイールベース:2,750mm

【CX-5スペック】
全長:4,540mm
全幅:1,840mm
全高:1,705mm
ホイールベース:2,700mm

調べてみると2011年まで国内販売をしていたそうです。
そしてその後、2012年にSKYACTIVエンジンを搭載したCX-5の発売につながります。

スポンサーリンク

マツダCX-7は、中古車でまだ購入可能。

探してみると最終モデルの2011年版で150万前後くらいから購入できるようです。
燃料がハイオク仕様で燃費も約8km前後となりますので今のSUVの性能からみるとかなりコストパフォーマンスは悪いと思います。
今は、ガソリン代が上がっているので家計にも厳しいです。
さらに自動車税が45,000円ですので維持費が高い車です。

マツダCX-7を高く売るには?

そろそろ買い替えようと思った時にCX-7を下取りに出すと思いますがちょっと待って下さい。
新しいクルマを買うお店で下取り査定をしてくれますがはっきり言って安いです。
年式も古い車なので「値段がつけばいいかなと」弱腰になると思いますが実はそんなことはありません!

私も以前に売却した時に引き取ってもらえれば十分と言い値で下取ってもらいましたがその後、考えたら安かったです。

日本の中古車というのは、日本国内だけではなく世界的に需要があるものです。
年式が古くて「日本で乗る人はいないでしょ」と思う車でも世界中で見ると「欲しい!」という声がたくさんあるのです。
そういった国に中古車を輸出している業者もあります。

なので下取りに出す前に他の業者に査定を出していくらくらいになるか調べてみましょう。
比較することでかなり儲かる場合もあります。

そこでオススメなのがネットを使って「業者まとめて査定」をすることです。
1件、1件、業者に査定を出していると面倒で大変です。
そこで「楽天Carオークション」を使うと一度の入力でたくさんの業者が査定、入札をしてくれますので「一番高く買取る業者」が見つかります。
全国2000社の業者が参加しているオークションなので期待ができます。

また、運営がネット企業の楽天なので安心です。
小さい会社で査定してもらうと手続きや入金など不安があります。

さらに実際に売却をすると楽天ポイント1000ポイントもらえます。

今まで乗ってきたCX-7がいくらになるのかぜひ、試してみて下さい。
こちらの公式サイトから無料で査定できます。

画像出典:http://www2.mazda.com/ja/publicity/release/2006/200612/061219b.html

男の車はSUVトップページ

-マツダ
-,

Copyright© 男の車はSUV , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.