日産

日産キックスは雪道で滑らない?滑る?対策方法は?

ジュークの国内販売が終了して、登場したのがキックスです。
今までの日産デザインからガラッと変わったシャープな印象の車に仕上がっています。
そして、日産技術で一押しのe-Powerを搭載してスムーズか加速を実現して「重そうなSUV」のイメージを一新しています。
大きさもコンパクトなので街乗りでも運転がしやすい車です。

そんなキックスで趣味のスキー、スノーボードで雪道を走る方は、少し心配があると思います。
「SUVだから雪道は大丈夫でしょ!」「2WD仕様だけど滑るかな?」
思っている以上に雪道走行は難しいので注意しておいた方が良いです。
そこで今回は、降雪地域に住む私がキックスの対策方法を解説します。

キックスで雪道を走る時の注意点

キックスは、最低地上高が170mmなので雪道の難所、轍があっても走行しやすい仕様となっています。
そして、e-Powerのアクセルペダルコントールで、しっかり制御してくれます。
ただし、エクストレイルのような「インテリジェント 4×4」があるわけではないので十分に注意して走行する必要があります。

雪道を走る際は、スタッドレスタイヤまたは、タイヤチェーンを装着してください。
以下の記事に情報をまとめていますのでご参考になればと思います。
キックスのスタッドレスタイヤおすすめ
キックスのタイヤチェーンおすすめ
大雪の日に積んでおくと便利なアイテム

短距離で一時的な使用であれば布製タイヤチェーン

チェーンと比べてグリップ力は劣りますが、短距離の走行など一時的な使用であれば布製タイヤチェーンも使えます。装着が簡単なのがメリットです。

キックス2WDの注意点は?

キックスに限らず前輪を回して走行する2WD仕様は、雪に弱いと思っていた方がいいです。
唯一のメリットは、車高が高く運転しやすいことと、最低地上高が普通車よりは高いので雪を擦ることが少ないことです。
前輪で雪道をしっかり掴んで走りますが後輪の押す力がないので積雪10cm以上になるとハマりやすいです。
また、後輪が滑って揺れることもあります。
乗り切るためには、なるべく雪が積もっていないところをゆっくり走行する工夫が必要です。

2WDは、オンロードでは軽快に走って楽しいのですが雪道など悪路では苦戦しますので十分な装備で走ってください。ちなみに、キックスには4WD仕様がありません。今後、発売を予定しているらしいです。

キックスには、スタッドレスタイヤは必須装備です。
中でもダンロップが一番お手頃価格です。

関連記事:大雪が降った雪道に車に積んでおくと役立つ便利グッズ6選

ディーラー査定よりも高く売るには

車を査定するなら「カーネクスト」

「ディーラー査定が安すぎる」
「10万キロ以上走った車を買ってほしい」
「新しい車の購入資金を作りたい」

という方にオススメなのが「カーネクスト」での車査定です。
他店で査定してもらったら「えっそんな値段、、」ということありますよね。
ぜひ、こっちでも査定してもらって比較してください。
その方がお得になります。

カーネクストの査定は、一括査定にあるような「複数業者から大量の電話が来る」ことはありません。電話一本、来店不要、出張査定なしなので忙しい方に支持されているサービスです。

「車を満足価格で売りたい!」という方がぜひ試してみてください。
公式ホームページでは、買取価格が紹介されていますよ!

-日産
-,