国産車、輸入車のSUVタイヤサイズ、スタッドレスタイヤ情報、メンテンスについてまとめています。

男の車はSUV




メンテナンス

スタッドレスタイヤが5年目のシーズンを迎えます。まだ使えますか?

更新日:

スタッドレスタイヤが5年目になった時の確認ポイント

降雪地域に住む方やスキー、スノーボードなどウィンタースポーツをする方には、スタッドレスタイヤが必須です。
毎年、11月下旬から12月にタイヤ交換をすることが多いと思います。
その際に気になるのがスタッドレスタイヤの交換時期です。

特に購入から5年以上経過した場合は、買い替えた方がいいのか迷うと思います。
そこでスタッドレスタイヤが5年経ったらチェックするべきポイントをまとめてみました。

5年経過したスタッドレスタイヤは溝とひび割れを確認する

スタッドレスタイヤが消耗、劣化する原因は、実際の走行距離と保管環境にあります。
冬季期間にスタッドレスタイヤを履いて走った距離が長ければ長いほどタイヤの溝が減っていきます。
雪が振っていない期間に道路を走るとさらに溝が減ります。
仕事の通勤に車を使うことがある場合と週末の買物程度にしか乗らない場合とでは、タイヤの消耗が違います。
また、仕事の営業などであちこち走る車はさらに減ります。

タイヤの溝の減りを確認する方法

スタッドレスタイヤの溝が減っているか大丈夫なのかは、なかなかわからないものです。
そこで簡単に見分ける方法をご紹介します。

まず、タイヤの溝を見て角ばった感じが無かったら完全に駄目です。
いわゆるツルツルタイヤです。
スタッドレスタイヤの特徴として四角ブロックが並んだような感じになっていますがその角が丸くなるまで減っているようであれば性能が低下していますので交換して下さい。

次の角ばった感じはまだある場合ですがタイヤの側面を見て下さい。
メーカーのロゴや数字などが印字されています。
そこを見ていくと上向きの矢印があります。
タイヤの溝の減りを確認する矢印の場所

この矢印は溝をチェックするポイントを示しています。

そしてその矢印が指している場所の溝を見て下さい。
すると溝と溝の間に一段下がった突起、ブロックがあると思います。
これは「プラットフォーム」と呼ばれるものです。
このプラットフォームに溝の高さが近づいていると性能が低下するので交換時期となります。

プラットフォームと高さの差があまりないようであればタイヤ交換して下さい。

タイヤのひび割れは危険のサイン

タイヤの溝はあったから大丈夫と考えるのはまだ早いです。
実はもう一つ大事なのがタイヤのひび割れです。

週末の買物程度しかスタッドレスタイヤを使っていない場合は5年以上経過しても溝が十分に残っていることがほとんどです。
中には8年、10年経ったタイヤでも使用期間が短いと溝が驚くほど残っています。

なのでそのまま使っている人もいますが危険です。

スタッドレスタイヤは、凍った路面により密着できるようにゴムの質が柔らかくなっておりそこが重要ポイントです。
よくノーマルタイヤからスタッドレスタイヤに交換した直後にハンドルを切ると柔らかい感じがするのはそのためです。

しかし、長期間使ったり保管したりするとタイヤはどんどん硬化(固くなること)していきますので性能が低下します。
また、タイヤ側面などに小さいひび割れができるようになり、これがパンクなどの原因になり危険です。
高速道路を走ったりするとタイヤの負担が強くなるので注意して下さい。
ひび割れを補修しても変わりませんので止めましょう。

スタッドレスタイヤ5年目に関するまとめ

以上のようにスタッドレスタイヤも5年目を迎えると溝の減り、タイヤの硬化とひび割れの確認が必要です。
車に詳しくない方は、判断に迷うかもしれませんが個人的な意見では交換をおすすめします。
今は、ネットショップでも有名メーカーを安く買えますし、新品は安心感があります。

ブリヂストンのブリザックを楽天で見る

また、年間1万キロ以上走っている方は、スタッドレスタイヤ期間の消耗が早いので5年目を迎える間に交換が必要だと思いますのでチェックを怠らないようにして下さい。

雪にハマった時に自動車保険のロードサービスは対応してくれない

大雪が降ると道路の境目や白線などが見えなくなり、すれ違いなどで脱輪することがあります。
側溝にタイヤが落ちてしまうと元に戻すのは困難です。
専用の機械で引き上げたりしないと人間の力ではどうにもなりません。

また、雪にタイヤがハマって抜けなくなる「スタック」もよくあるトラブルです。

このような事態になった時に自動車保険付帯のロードサービスに連絡すると思いますが「雪によるもの」については対象外になる場合があります。あくまで事故や故障した時が対象で雪道は、無料で対応してくれません。
今一度、加入している保険内容を確認してみて下さい。

そうなるとやはり心強いのがJAFロードサービスです。
雪道のトラブルでも助けに来てくれます。

よくJAF救出の経験者で「助かったけど料金が高かった」と言う方がいますがそれは、「未加入」の場合です。
先に加入していれば「無料」で作業してくれます。
いざトラブルになる「先に入っていれば良かった〜、、」と悔やむものです。

では、JAF会員になるにはいくらなの?となりますが初年度の入会金が2,000円で年会費は4,000円です。
年会費を1ヶ月単位でみるとわずか333円です。
先にJAF会員になっておけばトラブル時に料金の心配をすることがなくなります。
また、会員向けの割引サービスが充実しているのでお得です。

雪道を走る機会が多い方は、JAF加入をおすすめします。

男の車はSUVトップページ>>







-メンテナンス
-,

Copyright© 男の車はSUV , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.