国産車、輸入車のSUVタイヤサイズ、スタッドレスタイヤ情報、メンテンスについてまとめています。

男の車はSUV

トヨタ ハリアーの車検費用を安くするまとめ【ディーラー車検は高い】

トヨタハリアーの車検費用

現行3代目となるハリアーは、ラグジュアリーSUVとして人気があります。
初代が発売されたのが1997年で写真を新聞広告で見たのを今でも覚えています。
その時にハリアーという名前が1994年公開のアーノルド・シュワルツェネッガー主演「トゥルーライズ」に出た戦闘機と同じだと思っていたことが懐かしいです。
タカのマークがかっこ良かったです。
ハリアーが日本で発売された経緯には、先にアメリカで売れていたレクサスRXから来たとのことです。
確かにアメリカSUV的な余裕の感じる雰囲気がありますね。

現行モデルでも高級感のある内装が引き継がれさらに走行性能は十分でウィンタースポーツでも活躍します。
ランドクルーザー、プラドとは違うSUVを求める方に人気ですね。
街中で女性が運転しているのもよく見かけます。

【3代目ハリアーサイズスペック】
全長:4,720mm
全幅:1,835mm
全高:1,690mm
乗車定員:5名
総排気量:2.493L(ハイブリッド車)1.986(ガソリン車)・グレード
プレミアム:ハイブリッド車
エレガンス:ガソリン車
特別仕様車:ハイブリッド車

ハリアーをトヨタのディーラー車検よりも安く済ませる方法

車検はトヨタのディーラーでお願いしているという方も多いと思います。
しかし、隅々まできっちりと見てくれる代わりに交換部品、オプション費用などがたくさん見積もり計上されます。
そのため車検代の合計が高めになります。
年式が古い初代や2代目のハリアーは、なかなか大変な金額になります。
オーナーから見ると「そこまで交換が必要なのか?」という疑問も実際にあります。
しかし、営業マンは「早めに交換をオススメします」と言ってきますので言われるままに決めてしまいます。

2年に一度、あっという間に来る車検ですが最低限の検査で安くできるのが一番だと思います。
バッテリーやオイルなど2年間の走行距離にもよりますが必ず交換する必要はありません。
車検を通して後で検討しても良い場所です。

トヨタのSUVは、とても丈夫なので10万キロ以上は余裕で走ります。
大きな故障がなければまだまだ乗れます。

ハリアーを中古車で購入した方も多いと思いますが私の経験ではディーラーよりも車検工場の方が安く済むと思っています。
安いと言ってもユーザー車検ではなく、整備士さんが見てくれる通常の車検です。
買った中古車店の紹介で車検をする前によく検討した方が良いです。
初代ハリアーや、2代目ハリアーを所有していて前回の車検が高かった場合は、比較してみましょう。

そんな中で最近、注目されているのがネットで予約ができる楽天car車検です。
加盟している整備工場が全国各地にありますのできっとお近くにもあると思います。

【特徴】
・楽天ポイント500ポイントもらえる。(お見積りの申し込みと車検実施)
・さらに楽天カードを使うとポイント最大1.5倍(楽天カードをお持ちでない方は入会をオススメします)
・登録されている車検業者の98%がクレジットカードに対応しています。
・外車、輸入車対応の業者が見つかる。
・1日車検ができる業者が見つかる。
・土日祝対応の業者が見つかる。
・引取り納車対応の業者が見つかる。
・車検ローン対応の業者が見つかる。

新車以外は、2年毎に車検日がやってきます。
ハリアーに乗っているとあちこち指摘をされて20万円近い見積りが出る可能性もありなかなか辛いと思います。

楽天car車検は、簡単検索で近所の車検業者が見つかる仕組みになっていますのでぜひ、試してみてください。

画像出典:http://toyota.jp/harrier/style/

 

男の車はSUVトップページ>>

更新日:

Copyright© 男の車はSUV , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.