国産車、輸入車のSUVタイヤサイズ、スタッドレスタイヤ情報、メンテンスについてまとめています。

男の車はSUV




スズキ

【スズキXBEEクロスビー】タイヤチェーンで金属と非金属タイプのおすすめは?

更新日:

スズキXBEEクロスビータイヤチェーンおすすめ

軽自動車のハスラーとほぼ同じデザインのクロスビーは、ボディサイズが大きいので荷物をたくさん積みたい方に人気です。
丸っこいデザインが女性にも支持されて街で見かけることも多くなりました。
海や山のキャンプなどに出かけるのも楽しいですよね。

そんなクロスビーで最近、気をつけないといけないのが雪道です。
今まで雪とは無縁だった都心でもシャーベット状に降るようになりました。

クロスビーは、路面状況に合わせて走る4WDシステムが搭載されています。
運転席のスイッチで切り替えることができます。
しかし、4WDだからといって雪道に万全とはいえませんし、2WD仕様に乗っている方も多いです。

そこでタイヤも冬用に準備する必要があります。
通常は、スタッドレスタイヤを履くのがいいのですがそこまで必要じゃない方もいると思います。
そんな場合は、脱着が楽なタイヤチェーンをおすすめします。

現状のノーマルタイヤに被せて走ることができますので手間が少ないです。
そこで今回は、クロスビーのタイヤサイズにあったタイヤチェーンをご紹介します。

クロスビーのタイヤサイズを調べる

タイヤチェーンを買う時は、クロスビーのタイヤサイズを調べます。
購入時に装着されているタイヤサイズは、以下の通りです。

【標準装備タイヤサイズ】
・175/60R16インチ 82H

※タイヤチェーン購入の際は、状況によっては非対応もありますので付属マニュアルを必ず確認しましょう。

タイヤチェーンの種類

現在、タイヤチェーンは材質の違いなどで3種類あります。
それぞれにメリットとデメリットがありますので一番優先にする点を踏まえて選びましょう。

・金属チェーン
昔からある鎖状のチェーンでジャラジャラとしたものです。
メリットは、雪道に食い込みやすいので良い滑り止めになります。
また、値段も5千円前後くらいで安価です。
デメリットは、慣れないと取り付けが難しいこととゴツゴツと乗り心地が悪いです。
さらに「シャンシャン」と音が大きいので雪がない道で走ると騒音になります。

・非金属チェーン
最近人気なのが素材がゴムやポリウレタン製の非金属チェーンです。
メリットは、タイヤに沿った形状なので装着しやすく乗り心地も良い方で騒音もありません。
錆びることもないので綺麗に保管できます。
デメリットは、値段が高めになることです。

・布製チェーン※タイヤカバー
なんとナイロン製でできたタイヤチェーンがあります。
チェーンと言うよりかカバーになります。
小さく折りたたんで収納できたり、取り付けが簡単というメリットがありますが
耐久性がなかったり、取扱が難しかったりとオススメはできないものです。
あくまでも緊急時に短時間、装着するものです。
また、高速道路規制では対象外になる場合があります。

以上のようにクロスビーのタイヤチェーンを選ぶ時は「金属チェーン」または「非金属チェーン」となります。

クロスビータイヤチェーンのおすすめは?

タイヤチェーンを選ぶ時の選択肢として「値段」と「取り付けやすさ」があると思いますのでそれぞれでまとめてみました。
※購入の際は、販売店に適合確認をしましょう。

【グリップの強さで選ぶなら】
ジャラジャラとした昔からある鎖型チェーンタイプです。
金属製の鎖なのでアイスバーンの食い込みが強いです。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

SUZUKI スズキ 純正 XBEE クロスビー タイヤチェーン 2017.12〜仕様変更 43390-68L11
価格:27032円(税込、送料別) (2019/6/15時点)

楽天で購入

 

 

ただし、金属チェーンの取り付け経験がある方向けです。
初めての方は練習をしておきましょう。

【取り付けやすさで選ぶなら】
金属チェーンは、取り付けが難しいのが簡単なものがいいという方は、非金属チェーンがオススメです。
タイヤにフィットする形状なので被せやすいです。

 

サビが少ないので長く使えます。

雪にハマった時に自動車保険のロードサービスは対応してくれない

大雪が降ると道路の境目や白線などが見えなくなり、すれ違いなどで脱輪することがあります。
側溝にタイヤが落ちてしまうと元に戻すのは困難です。
専用の機械で引き上げたりしないと人間の力ではどうにもなりません。

また、雪にタイヤがハマって抜けなくなる「スタック」もよくあるトラブルです。

このような事態になった時に自動車保険付帯のロードサービスに連絡すると思いますが「雪によるもの」については対象外になる場合があります。あくまで事故や故障した時が対象で雪道は、無料で対応してくれません。
今一度、加入している保険内容を確認してみて下さい。

そうなるとやはり心強いのがJAFロードサービスです。
雪道のトラブルでも助けに来てくれます。

よくJAF救出の経験者で「助かったけど料金が高かった」と言う方がいますがそれは、「未加入」の場合です。
先に加入していれば「無料」で作業してくれます。
いざトラブルになる「先に入っていれば良かった〜、、」と悔やむものです。

では、JAF会員になるにはいくらなの?となりますが初年度の入会金が2,000円で年会費は4,000円です。
年会費を1ヶ月単位でみるとわずか333円です。
先にJAF会員になっておけばトラブル時に料金の心配をすることがなくなります。
また、会員向けの割引サービスが充実しているのでお得です。

雪道を走る機会が多い方は、JAF加入をおすすめします。

関連記事:XBEEクロスビーのスタッドレスタイヤおすすめ

男の車はSUVトップページ>>







-スズキ
-, , ,

Copyright© 男の車はSUV , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.