国産車、輸入車のSUVタイヤサイズ、スタッドレスタイヤ情報、メンテンスについてまとめています。

男の車はSUV

トヨタ

FJクルーザーの車検費用を安くするには?【ディーラー車検は高い】

更新日:

トヨタのSUVで唯一の丸目ヘッドライトでレトロ調のデザインがカッコいい車です。
さらにドアの開閉も観音開きという珍しい仕様です。
荷室も広くて防水仕様なのでアウトドアやウィンタースポーツでガンガン使えます。
ジープとは違うアメリカっぽい雰囲気なので今の尚、人気が高いです。

残念ながら日本国内では、2018年1月で販売終了となってしまいました。
今も街で見かけると存在感があってカッコいいですよね。
そんなFJクルーザーを長く所有するには、定期的なメンテナンスとなるべく安く抑えた車検が必要です。
そこで車検についてまとめてみました。
【FJクルーザーの主な型式】
CBA-GSJ15W
【車検に必要なもの】
・自動車重量税
・自賠責保険料
・印紙代
・車検基本料金
・整備料金

スポンサーリンク

FJクルーザーをディーラー車検よりも安くする方法

新車購入から3年目の初めての車検はディーラーでという方も多いと思います。
しかし、さまざまな交換、オプションなどがある分、車検費用は高くなります。
7年目、9年目になると、さらに部品交換が必須となります。
特に走行距離が多い場合は、車全体のあちこちに不調が出やすいので十分な点検をしてもらいましょう。

バッテリー交換
ブレーキオイル交換
エアコンガスクリーニング
エアコンフィルター交換
サビ防止コート
ワイパー交換
エンジンオイル交換。。。

以上のようなメンテナンスが必要と言われますので法定費用や車検料金の他に5万〜8万円くらい上乗せになります。
ディーラーが提示した見積り通りにするとかなりの出費となります。
あれもこれも交換するとびっくりする金額です。
こんな時は、すぐにOKを出さずに本当に必要な状態なのかをもう一度、確認する必要があります。
※自社工場を持たないディーラーは、提携業者に依頼して車検を行っているので代理車検をしているようなものです。

交換作業は、ご自身で行うかオートバックス、イエローハットのようなお店に依頼すると少しは安くなります。
バッテリーなど安い物を選択することが可能で節約になりますので車検前に相談してみましょう。

車検を安くするなら業者を比較して決める

「事前に部品交換をするのは面倒」「もっと簡単に車検を安くしたい!」という方は比較サイトを使うのがオススメです。
お住まいの地域でディーラー以外の車検業者を料金比較してくれるサービスがあるのでひと目で決めることができます。
一覧で表示される業者は、最低限の項目で車検を通してくれますので費用を安くできます。
車検を検討している方は、一度見てみると参考になると思います。
そんな中で最近、注目されているのが「楽天car車検」です。
加盟している整備工場が全国各地にありますのできっとお近くにもあると思います。
実際に利用したユーザーの口コミも確認できますので参考になるはずです。
評価の高い整備工場は、「押し売りがなく丁寧な説明で嬉しかったです」などの高評価が並んでいますので選ぶ失敗がありません。
しかも楽天グループなので車検利用後にポイントもらえますのでお得です。 「車検費用がいつも高くて困っている!」「古い車だからといって20万円近い見積もりを出された!」など今までの車検に不満がある方は、
ぜひ、「楽天car車検」を試してみてください。
お店ごとにネット申し込み特典があるので活用してみてください。

【楽天車検の特徴】
・楽天ポイント500ポイントもらえる。(お見積りの申し込みと車検実施)
・さらに楽天カードを使うとポイント最大1.5倍(楽天カードをお持ちでない方は入会をオススメします)
・登録されている車検業者の98%がクレジットカードに対応しています。
・外車、輸入車対応の業者が見つかる。
・1日車検ができる業者が見つかる。
・土日祝対応の業者が見つかる。
・引取り納車対応の業者が見つかる。
・車検ローン対応の業者が見つかる。

男の車はSUVトップページ>>

-トヨタ
-, ,

Copyright© 男の車はSUV , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.