国産車、輸入車のSUVタイヤサイズ、スタッドレスタイヤ情報、メンテンスについてまとめています。

男の車はSUV




トヨタ

トヨタ・ライズで使える車中泊グッズおすすめは?

更新日:

車高が高く、小回りが効くライズは、幅広い層から支持されている人気SUVです。
見栄えがするデザインで女性オーナーも多いです。街乗りにもちょうどいい大きさですよね。

荷室も広いのでキャンプなどアウトドアを趣味にしている方には重宝する作りになっています。
後部座席を倒してフラットになりますので結構、荷物が積めます。
さらに小物収納も多いので便利です。

大人二人までなら休むことができます。
そのため「ライズで車中泊」というのもできちゃいます。

ライズで遠出をして車中泊旅行もできますよ!
ハイブリット車も用意されているので燃費が良いです。

そこで今回は、ライズで使える車中泊グッズをまとめてみました。
ご参考になれば嬉しいです。

ライズの車中泊グッズ

ライズの大きさは、全長3,995mm x 全幅1,695 mm x 全高 1,620mmとコンパクトな設計になっており、後部座席を倒すとフラットになります。
ちょっと窮屈ですが大人二人が寝ることは可能です。
一人の場合は、横に物が置けるくらい余裕が十分にありますので最高です。
許可されているサービスエリアやキャンプ場で休むと最高な時間を過ごすことができますよ!
旅館やホテルには、ない独特な雰囲気が気持ちいいですよね。

車中泊を始めるにあたってまず、必要なのが目隠しです。
寝ている時に他の車がライトを付けると意外と眩しいですし、覗きの心配もあります。
また、朝日を直接浴びることがないので自分のペースで起きることができます。

そこで便利なのが「マルチシェード」です。
夏の強い日差しから守るサンシェードは、既にお持ちだと思いますが隙間ができてしまいます。
こちらは、ライズの窓枠に合わせてカットしてあるので綺麗に貼ることができてプライバシーを守れます。
ライズ専用のシェードを使えば窓のサイズぴったりに設計されているので隙間が少ないです。

サイズが合ったシェードがないとひと目が気になってキツイです。
しっかりとカバーしてくれるものが良いです。

ライズのシートを倒してそのまま寝ることができますが、直接は、体が痛くなります。
寝袋だけのクッションだと足りないです。
それだけ普段寝ている布団やベッドの柔らかさに慣れているのかもしれません。

一泊でも体が痛いのに数日間の車中泊だとかなりきついと思います。
そこで厚みのあるマットを敷くと気持ちよく寝れます。

こちらのマットは、膨らますのも手軽です。
寝袋の下に敷くことをオススメします。

夜になって必要なのが灯りです。
今、一番便利なのがLEDランタンです。
昔のライトと違って長持ちしますし、かなり明るいです。
LEDランタンが1台あるとご飯を食べる時など便利なので車中泊の必須アイテムです。
先程のシェードを貼った状態にすれば車内が丸見えということは防げますのでセットで用意した方がいいです。

次ににご紹介するのは、寝袋です。
車の中で寝るだけでワクワクして楽しいと思います。
丸洗いができますので清潔に利用できます。
少し寒い時は、毛布を一枚かけて寝ると快適です。

やっぱり必要なのがモバイルバッテリーです。
車中泊のような長期の旅行は、電源の確保が必須です。
こちらは大容量なので使用できる範囲や時間が多く評価が高いメーカーなのでおすすめです。
外部バッテリーを使えば、車の電源を使用することがないのがいいですね!

モバイルバッテリーだと、ちょっと心配という方は、大容量タイプが良いです。
電源の口もコンセントからUSBまで揃っていますので手持ちの機器、全て対応できます。
スマホ以外のタブレットやパソコン、小型家電も使いたい方には重宝します。

Amazonでも車中泊グッズがたくさん売っていますよ!

ライズ関連記事:ライズのルーフキャリア・ルーフボックスのおすすめ

ライズの車中泊動画

以上のようにライズで車中泊をする時に便利なアイテムをご紹介しました。
ぜひ、楽しい旅を満喫して下さい。

男の車はSUVトップページ>>










-トヨタ
-,

Copyright© 男の車はSUV , 2022 All Rights Reserved Powered by STINGER.