国産車、輸入車のSUVタイヤサイズ、スタッドレスタイヤ情報、メンテンスについてまとめています。

男の車はSUV




メンテナンス

夏に車のエアコンACをONにする意味と燃費の影響

更新日:

夏に車のエアコンacをONにする意味
夏時期の車内の温度は高くなり、窓を締め切って駐車していると50度に達すると言われて
います。
そんな真夏の運転に欠かせないのがエアコンです。
今回は、車のエアコンの使い方についてご紹介します。

車のエアコンのA/Cボタンを押す意味

車の中を冷房で冷やしたい時は、センターパネルにある「AUTO」ボタンを押します。
マニュアルエアコンの場合は、つまみをまわします。
この時に忘れてはいけないのが「A/C」ボタンです。
ACとはエアーコンプレッサーの略でエアコンのことです。
このA/CボタンをONにすることで冷風が出てきます。
あとはお好きな送風を指定すれば車内で快適に冷やすことができます。

エアコンを入れると燃費は悪くなる?

車のエアコンをONにするとエンジンに負荷を与えますので燃費は落ちます。
よくエンジンが小さい軽自動車などはエアコンを入れて停車していると大きな音がしますがそのためです。

エアコンをかけて走るとガソリンを消費しますので連休などで遠出をする時は、必ず満タンにして道中にガソリンスタンドがあることを事前に確認しておきましょう。
途中で渋滞にはまってガス欠になったら大変なことになります。
JAFの出動要請ランキングでガス欠は、上位にあるくらいです。

真夏に車内を早く冷やす方法

夏は、停めていた車に乗り込んだ瞬間、とても蒸して暑いです。
これから運転をするという時はつらい状況です。
そこで私が実践している車内を早く涼しくする方法です。

運転席のドアを開けた状態にしてエンジンをかけます。
まだ、エアコンは入れません。
そして、全ての窓を開けて少し待ちます。
この時、うちわを用意しておいて扇ぐと熱を社外に出せます。

そして、シートなど少し暑いかもしれませんがこの状態で運転をスタートします。
エアコンを入れて「外気導入」にして下さい。
窓を開けて外気導入で走って下さい。
それなりに風が入ってきます。

この方法が圧倒的に車内温度を下げます!

そして、暑さが少し和らいだらエアコンを「内気循環」にして窓も全て閉めます。
このようにすることで今までよりは、運転しやすくなると思います。

さらにできる事として車を駐車した際は、こまめにサンシェード(銀色シート)をフロントガラス前に置くことをおすすめします。
ハンドルやシートの熱さがかなり違ってきます。

Hippo(ヒッポ)車用遮光サンシェード フロントガラス 日よけサンシェード 遮光フロントシェード 簡単取付 サンシェード 全窓カバー

 

よくドアをバンバン!と何度も開閉している人がいますがほとんど効果がありません。
古い車だと損傷の原因となりますので止めましょう。

関連記事>>車のカーエアコンが故障した時の修理費用

男の車はSUVトップページ







-メンテナンス

Copyright© 男の車はSUV , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.