国産車、輸入車のSUVタイヤサイズ、スタッドレスタイヤ情報、メンテンスについてまとめています。

男の車はSUV




トラブル対応

【おすすめ】雪道のスリップ事故に備えておきたいタイヤチェーン【装着義務化】

更新日:

雪道のスリップ事故に備えるタイヤチェーン

今年は暖冬傾向にあると言われていますが冷える日は、雪が降ります。
そうなると心配なのが雪道です。

ジャリジャリとしてシャーベット状やツルツル凍結のアイスバーンなどノーマルタイヤを履いている車は確実にスリップします。
また、スタッドレスタイヤを履いていても溝の状態や路面の凍結状態によっては必ずしも安心はできません。
急ブレーキで滑ることはあります。

そこで「タイヤチェーン」を備えておくことをおすすめします。
タイヤチェーンというのはタイヤに被せて滑り止め強化をするものです。

最近では、短時間で装着できるように工夫されたタイプもあります。

そこで今回は、タイヤチェーンの種類も含めてご説明します。

タイヤチェーンは金属と非金属の2種類あります

タイヤチェーンは材質の違いなどで2タイプあります。
それぞれにメリットとデメリットがありますので一番優先にする点を踏まえて選びましょう。

・金属チェーン
昔からある鎖状のチェーンでジャラジャラとしたものです。
メリットは、雪道に食い込みやすいので良い滑り止めになります。
また、値段も4千円前後くらいで安価です。
デメリットは、慣れないと取り付けが難しいこととゴツゴツと乗り心地が悪いです。
さらに「シャンシャン」と音が大きいので雪がない道で走ると騒音になります。

 

・非金属チェーン
最近人気なのが素材がゴムやポリウレタン製の非金属チェーンです。
メリットは、タイヤに沿った形状なので装着しやすく乗り心地も良い方で騒音もありません。
錆びることもないので綺麗に保管できます。
デメリットは、値段が高めになることです。

 

タイヤチェーンのメリット

タイヤチェーンの良いところは、装着することでグリップ力が上がって雪道走行ができることです。
そして、雪が溶けて乾燥した通常の道路になった時は外せばOKという便利さがあります。

山間部に向かう雪が多い地域の高速道路や国道では、スタッドレスタイヤにタイヤチェーンをつけることが義務化されている道路もあります。
そのような地域に車で行く方は、タイヤチェーンを積んでおけばすぐに対応できます。

タイヤチェーンを一式持っていれば急に雪が降っても大きな心配はありませんので検討する価値があると思います。

雪にハマった時に自動車保険のロードサービスは対応してくれない

タイヤチェーンをつけていても記録的な大雪になると立ち往生する可能性はあります。
また、前が見えなくなるくらいに降るとタイヤに付く雪の量がすごいのでトラブルに巻き込まれることがあります。

大雪が降ると道路の境目や白線などが見えなくなり、すれ違いなどで脱輪することがあります。
側溝にタイヤが落ちてしまうと元に戻すのは困難です。
専用の機械で引き上げたりしないと人間の力ではどうにもなりません。

また、雪にタイヤがハマって抜けなくなる「スタック」もよくあるトラブルです。

このような事態になった時に自動車保険付帯のロードサービスに連絡すると思いますが「雪によるもの」については対象外になる場合があります。あくまで事故や故障した時が対象で雪道は、無料で対応してくれません。
今一度、加入している保険内容を確認してみて下さい。

そうなるとやはり心強いのがJAFロードサービスです。
雪道のトラブルでも助けに来てくれます。

よくJAF救出の経験者で「助かったけど料金が高かった」と言う方がいますがそれは、「未加入」の場合です。
先に加入していれば「無料」で作業してくれます。
いざトラブルになる「先に入っていれば良かった〜、、」と悔やむものです。

では、JAF会員になるにはいくらなの?となりますが初年度の入会金が2,000円で年会費は4,000円です。
年会費を1ヶ月単位でみるとわずか333円です。
先にJAF会員になっておけばトラブル時に料金の心配をすることがなくなります。
また、会員向けの割引サービスが充実しているのでお得です。

雪道を走る機会が多い方は、JAF加入をおすすめします。

男の車はSUVトップページ>>







-トラブル対応
-,

Copyright© 男の車はSUV , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.