国産車、輸入車のSUVタイヤサイズ、スタッドレスタイヤ情報、メンテンスについてまとめています。

男の車はSUV




トラブル対応

自動車のタイヤがパンクした時、どうすればいいの?修理はできるの?

投稿日:

自動車のタイヤがパンクした時、どうすればいいの?

滅多にないことですが稀に車のタイヤがパンクするトラブルが起きることがあります。
4本のうち、1本でも空気が抜けてしまうと運転することができませんのでそのまま停車して解決するしかありません。
実は、最近の車は、スペアタイヤ(代替えタイヤ)を積んでいません。
スペアタイヤを希望する場合は、車を購入する際にオプションで選択することになっています。

自動車学校でタイヤ交換を教えてもらいますが実際に車を運転するようになって自分で交換することは、あまりありません。
スペアタイヤの代わりにパンク修理キットという物が車内の置いてあります。

パンク修理キットは、専用の液体をタイヤチューブ内に注入するのですが素人がすぐにできるものではなく面倒です。
使えたとしてもパンクが完全に修理できるわけではなく、あくまでも応急処置となります。
車の事はよくわからないという方は手を出さない方は良いと思います。

また、原因を探ろうとタイヤを触ると思いますが傷や釘が見つかっても触ってはいけません。
抜いたりするとさらに状況が悪化する恐れがあります。

そこで今回は、車のタイヤがパンクした時の安全な対応策をご説明します。

パンク修理はロードサービスを呼ぶのが一番です

タイヤがパンクしたら走行しないのが基本です。
空気がないタイヤを装着した状態で走らせるとハンドル操作が正常にできませんので危険です。
その場に停車しておいてください。

パンクした場所が自宅の駐車場なのか、お店の駐車場なのか、周り何もない山地なのか状況は、いろいろあると思います。
手元のスマホでgoogleマップを開いて近くにガソリンスタンドや車修理店、イエローハット、オートバックスがあるか確認すると思います。
しかし、これらのお店の人がパンクをした車まで来て対応してくれることはほぼ、ありません。
田舎で優しい車修理店の人と出会えれば助けてくれるかもしれませんが通常は無理です。

そこでおすすめなのがロードサービスを使うことです。
ロードサービスというのは、車の救急車みたいなもので呼ぶと専用の車で現場まで来てくれます。
そして、その場でパンク修理をしてくれますので車を動かせない状況でとても助かる存在です。
パンク修理については、車に設置されている修理キットを使うこともあれば、独自に修理する場合もあります。
また、その場の修理ができない場合はレッカー移動となります。

では、ロードサービスを呼ぶにはどうすればいいのでしょうか?
料金も気になりますよね。

ロードサービスを呼ぶ方法は、以下の3つがあります。

1.自動車保険についているロードサービスを使う。

2.クレジットカードについているロードサービスを使う。

3.JAFを使う。

それぞれご説明をします。

自動車保険(任意保険)のロードサービスを使う場合

普段、気にかけないこともあるので知らない方も多いですが加入している自動車保険(任意保険)には、ロードサービスが付いています。
大手の保険会社なら必ずついていますので今一度、保険証書など確認をしてみて下さい。
強制加入となる自賠責保険には、ロードサービスはついていませんので注意してください。

例えばソニー損保の自動車保険の場合は以下の通りです。

全国約9,700ヶ所の拠点から24時間年中無休でサポートしてくれます。
深夜でもお正月期間でも電話をすればオペレーターの方が問題解決に対応してくれます。
これは助かりますよね。

サポート内容として「レッカーサポート」「応急作業サポート」「宿泊費用サポート」「ペット宿泊費用サポート」「帰宅費用サポート」「レンタカー費用サポート」「修理後搬送サポート」など充実しています。

今回のパンクであれば「応急作業サポート」を利用することになりますがさらに大きな損傷であれば他のサポートを利用できるので安心です。※状況によってレッカーサポートになる場合もあります。

自動車保険に加入している契約車両が対象となります。
また、ロードサービスを使っても契約更新時の等級や保険料には影響しませんので気兼ねなく利用できます。
私も過去にロードサービスを使ったことがありますがすぐに対応してくれました。

クレジットカードのロードサービスを使う場合

お持ちのクレジットカードの中には、ロードサービスが付いているものがあります。
それが「ENEOSカード」です。
ガソリンスタンドに行った際に加入した方は、ラッキーです。
もし、エネオスカードは持っていない方は、加入をおすすめします。
自動車保険のロードサービスが回数制限で使えない時にこのカードがあると便利です。
ENEOSカード
には、ロードサービスが付帯しており、全国約8,500ヶ所の出動拠点から30分から1時間で来てくれます。
主なサービスとして、レッカー移動、キー閉じ込み、バッテリー上がり、タイヤのパンク、落輪の引き上げ、ガス欠などがあり充実しています。
↓詳しくはこちらの公式サイトへ


クレジットカードにロードサービスが付いているのは数少ないので車に乗ることが多い場合は、欲しい一枚だと思います。

JAFロードサービスを使う場合

JAFの事を車をお持ちの方は、一度は聞いたことがあると思います。
ロードサービスを中心に活動している車のプロ集団です。
日本全国どこでも高速道路でも来てくれます。
バッテリー上がりからタイヤパンク、キーのとじ込み、故障者のレッカーまで対応してくれます。

JAFを呼んで作業してもらうには費用がかかります。
状況にもよりますがパンク応急処置の場合は、日中だと合計で12,880円となり、その他に費用がかかる場合もあります。
そこで事前にJAF会員に加入しておけば無料で助けてくれます。
初年度は、入会金2,000円で年会費は4,000円です。
次回からは、4,000円で大丈夫です。

もしもの時を考えれば安いので心配がある人は事前に加入することをおすすめします。

以上のようにタイヤパンクした場合は、そのままロードサービスを呼ぶのが正解です。

 







-トラブル対応
-,

Copyright© 男の車はSUV , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.