その他

慣れてない雪道を安全に運転するための注意点やコツをまとめてみました。

雪道を安全に運転するためのコツ
4駆のSUVに乗っていても雪道はハラハラ・ドキドキするものです。
わだちの車線変更でハンドルと取られたり白線が見えなくなったりしますのでいつも以上に集中して運転をします。
また、急な雪で戸惑っている人も多く変な運転もよく見かけますので事故の危険性も高まります。
そこで雪国育ちの私なりに注意点をまとめてみました。

雪道を運転する時の注意するポイント

大雪が降っている時はいろいろな危険性が生まれる状況ですので集中力を高めて運転をして下さい。

雪が積もった場合はノーマルタイヤで走らない。

運転前に外の状況、道路を確認をして下さい。
雪が積もって白くなっている状態の時は、ノーマルタイヤで走るのは危険です。
道路(アスファルト)とタイヤがきちんと接地することで車は止まることができますが間に雪や氷が挟まると機能しません。
パラパラと雪が降り始めた時はまだ大丈夫ですが積もった時はノーマルタイヤでの運転は中断しましょう。
スタッドレスタイヤに交換するのがベストですが、費用や保管場所で難しいようであればタイヤチェーンの装着でも大丈夫です。
昔のチェーンタイプは、取り付けが面倒ですが今は、簡単ばゴム製タイヤチェーンがあります。

道路脇で作業する時の注意点

急に雪が降ってきて道路脇でタイヤチェーンの装着作業をすることがありますが、後続車の追突に注意してください。
ハザードランプを付けていても雪が積もって隠れる場合があります。
そうなると後ろの車からは、存在がわからなくなるので事故が起きてしまいます。

そんな時にオススメしたいのが「三角停止板」です。
これは事故や故障をした場合に車の後ろに置いて注意を促すものですが雪道での作業でも使えます。
最近のものは、ライトが点滅するものがあり、視認性が向上しています。
ぜひ、車に積んで起きましょう!

この非常灯を車の屋根に付けておくと、点滅してくれるので安心感が向上します。
夜間の作業では必須アイテムです。

車に積もった雪は十分に落としてから走る。

雪を下ろすのが面倒でウィンドウ周辺だけ取って走る人がいますがとても危険です。
まず屋根にある雪は完全に下ろしましょう。
そのままで走っていると雪の下部分が溶け始めてブレーキを踏んだ瞬間、一気に雪がフロントガラスに落ちてきます。
目の前が見えなくなるので危険です。
また、ヘッドライトとテールランプ周辺も雪を取りましょう。
特にテールランプは後続車に知らせる意味もありますので光ったのがわかるようにしておきます。
「スノーブラシ」を使うと除雪がしやすいです。

ノロノロ運転で早めブレーキで車間距離をとる。

車のスピードはいつも以上にゆっくり慎重にして下さい。
ノロノロ運転で大丈夫です。ブレーキも早めに踏んで車間距離を十分にとって下さい。
後に車が来ても気にせず自分が安全と思うペースで走って下さい。
急かされて事故を起こしても責任は全て自分です。

車内のフロントガラスが曇らないようにする。

冬の車内は、湿度の差でとても曇りやすいです。
フロントガラスが白く曇ってしまうと見えないので危険です。
曇らないようにするには、エアコンスイッチをA/Cにして風量を強めにします。
そして、外気を入れる設定(レバーをずらすタイプもあり)にして下さい。
しばらくすると曇りがとれますので外気設定を解除して下さい。

全ての状況で疑いをもって走る。

雪が積もっただけで道路では、思いもよらない状況を目にすることがあります。
冒頭に書いたようにハンドルを取られたり、白線が見えなくなって車線をまたがって走ったりします。
また、歩行者も歩道の雪を避けるために車道に出たり、横断したりすることがありますので注意しておかないといけません。
そのため雪道の運転では「もしかしたら」と常に危険予測をしながら走った方が良いです。

関連:雪道で車に積んでおくと役立つ便利グッズ6選

ディーラー査定よりも高く売るには

車を査定するなら「カーネクスト」

「ディーラー査定が安すぎる」
「10万キロ以上走った車を買ってほしい」
「新しい車の購入資金を作りたい」

という方にオススメなのが「カーネクスト」での車査定です。
他店で査定してもらったら「えっそんな値段、、」ということありますよね。
ぜひ、こっちでも査定してもらって比較してください。
その方がお得になります。

カーネクストの査定は、一括査定にあるような「複数業者から大量の電話が来る」ことはありません。電話一本、来店不要、出張査定なしなので忙しい方に支持されているサービスです。

「車を満足価格で売りたい!」という方がぜひ試してみてください。
公式ホームページでは、買取価格が紹介されていますよ!

-その他
-,